深海底鉱物資源の概要
  
活動紹介
2017.10.27(金) RTメールニュースVol.14を発行 

      RTメールニュースVol.14を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.14
      *** 目 次 ***
      《一般情報》
      1.国際海底機構(ISA:International Seabed Authority)の活動状況
       ○ISA、韓国からLee氏が常任委員に着任
       ○IRZ(環境影響評価対照区)等の設計ワークショップを9月にドイツで開催
      2.Nautilus Minerals社、2017年末までに41百万米ドルの追加資金が必要と発表
      3.中国の海洋調査船が東太平洋でマンガン団塊の調査を開始
      4.環境影響観測の指標種として期待される新種の海綿が発見される
      5.METI、平成30年度概算要求で探査船整備60億円、海洋鉱物資源評価88億円等を計上
      6.JAMSTEC、IODPに基づき、ハワイ諸島当方沖で地殻構造調査を実施

      《ラウンドテーブル関係情報》
      1. 11月21日(火)、JOGMEC探査船「白嶺」見学会開催のご案内
      2. 10月18日(水)、第2回幹事会を開催
      3. 会員アンケートを常時受け付け

      《関連イベント情報》
      1.国内イベント
      2.海外イベント
        
     詳細は会員専用ページまで
2017.9.26(火) RTメールニュース(号外)を発行 

      RTメールニュース(号外)を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース(号外)
      「JOGMEC海底熱水鉱床の連続揚鉱試験に成功(速報)」
       
     詳細は会員専用ページまで
2017.9.25(月) RTメールニュースVol.13を発行 

      RTメールニュースVol.13を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.13
      *** 目 次 ***
      《一般情報》
      1.国際海底機構(ISA:International Seabed Authority)の活動状況
       ○深海底における鉱物資源開発規則の草案を公開、意見を受け付け中
       ○ドイツBGRによる訓練プログラムの公募開始
       ○IRZ(環境影響評価対照区)等の設計ワークショップを9月にドイツで開催
      2.インド、中央インド洋におけるマンガン団塊の探索権を5年延長
      3.Nautilus Minerals社、第2四半期の決算公表
      4.JAMSTEC、水深8,178mにおいて魚類の撮影に成功

      《ラウンドテーブル関係情報》
      1.平成29年度会費請求書発送のお知らせ(再度ご案内)

      《関連イベント情報》
      1.国内イベント
      2.海外イベント
       
     詳細は会員専用ページまで
2017.7.19(水) ドイツ・Bauer社特別講演会の開催

      場 所:霞が関・霞山会館
      内 容:
         1.Opening
         2.Brief overview on the DSMA
         3.BAUER Maritime Technologies
         4.Questions and Answers Session
         5.Closing (終了後、Free Discussion)

      人 数:25名
      詳しくは会員専用ページをご覧下さい。
2017.8.22(火) RTメールニュースVol.12を発行 

      RTメールニュースVol.12を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.12
      *** 目 次 ***
      《一般情報》
      1.国際海底機構(ISA:International Seabed Authority)の活動状況
       ○第23回年次総会、理事会、及び法律・技術委員会を開催
       ○ロシア天然資源・環境省による訓練プログラムの公募開始
      2.和歌山県、H29年度メタンハイドレート賦存状況調査を実施
      3.「ちきゅう」船上における海洋プレート掘削岩石コアの記載・解析を開始
      4.南アフリカ、De Beers社の海底ダイアモンド掘削船が始動
      5.Nautilus Minerals社、200万ドルの私募債を発行

      《ラウンドテーブル関係情報》
      1.平成29年度会費請求書発送のお知らせ(再度ご案内)
      2.平成29年度会員アンケートへのご協力のお願い(再度ご案内)

      《関連イベント情報》
       
     詳細は会員専用ページまで
2017.7.7(金)平成29年度第1回通常理事会、第1回通常総会、全体会合、
懇親会の開催
  場所:霞が関・霞山会館
   〔平成29年度第1回通常理事会 議事〕
   (1)議案1号:平成28年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
   (2)議案2号:平成29年度事業計画および収支予算案の承認に関する件
   (3)議案3号:理事の交代に関する件
   (4)議案4号:新規入会会員の承認に関する件
   (5)議案5号:個人会員に係る会則及び会員規定の改定に関する件
   (6)その他

   〔平成29年度第1回通常総会 議事〕
   (1)議案1号:平成28年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
   (2)議案2号:平成29年度事業計画および収支予算案の承認に関する件
   (3)議案3号:理事の交代に関する件
   (4)議案4号:新規入会会員の承認に関する件
   (5)議案5号:個人会員に係る会則及び会員規定の改定に関する件
   (6)その他

   配布資料

  〔第17回全体会合〕
   (1)「国際会議に見る深海底鉱物資源開発の動向:Underwater Mining Conference(韓国),
      Deep Sea Mining Summit(シンガポール),Offshore Technology Conference (米国)参加報告」
       東海大学 海洋学部 客員教授 渡辺喜保様

   (2)「ISAにおける環境規則の策定動向:UBA/BGR/ISA International Workshop(ベルリン)参加報告」
       日本エヌ・ユー・エス(株) 環境管理ユニット上級コンサルタント 上田真久様

   (3)「(JOGMEC委託調査結果報告の抜粋)海底熱水鉱床開発に関する我が国企業の参入可能性
       アンケート調査結果の概要」
        海洋資源・産業ラウンドテーブル 
         事務局長 兼 海洋産業研究会 常務理事  中原 裕幸 
    
   人数:約130名
   詳しくは会員専用ページをご覧下さい。

  〔懇親会〕
    −挨 拶 主催者代表
           来  賓
    −乾 杯 
    −歓 談
    −中締め   
2017.7.25(火) RTメールニュースVol.11を発行 

      RTメールニュースVol.11を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.11
      *** 目 次 ***
      《一般情報》
      1. JOGMEC、7月21日に新たな海底熱水鉱床の存在の確認を公表
      2. メタンハイドレート、第2回産出試験終了
      3. 総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会、砂層型メタハイロードマップ案を公表
      4. 新潟県、表層型メタンハイドレート活用へ構想を作成
      5. 国際海底機構(ISA:International Seabed Authority)の活動状況
      6. Nautilus Minerals社、年次株主総会を開催
      7. JAMSTEC、「しんかい6500」改修工事で操作性向上

      《ラウンドテーブル関係情報》
      1.7月7日、平成29年度理事会・総会・全体会合・懇親会を開催
      2.7月19日、「Bauer社(ドイツ)特別講演会」を開催
      3.平成29年度会費請求書発送のお知らせ
      4.平成29年度会員アンケートへのご協力のお願い
       
     詳細は会員専用ページまで
2017.6.21(水) RTメールニュースVol.10を発行 

      RTメールニュースVol.10を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.10
      *** 目 次 ***
       《一般情報》
       1.東京大学大気海洋研究所の山崎教授がCLCS委員に当選
       2.メタンハイドレート海洋産出試験、2本目の生産坑井でガス生産を確認
       3.三井造船、表層型メタハイ採掘技術確立に向けて独MHWirth社と協業開始
       4.国際海底機構(ISA:International Seabed Authority)の活動状況
       5.房総沖の海山斜面にコバルトリッチクラストの広がりを確認

       《ラウンドテーブル関係情報》
       1.7月7日(金)、平成29年度理事会・総会開催のお知らせ(出欠回答期限6月29日)
       2.7月7日(金)、全体会合、懇親会開催のお知らせ(出欠回答期限6月26日)
       3.7月19日(水)、「Bauer社(ドイツ)特別講演会」開催のお知らせ《一般情報》
       
      詳細は会員専用ページまで
2017.7.25(火)平成29年度「今後の活動に関する会員アンケートの実施」
  当RTの今後の活動方針の参考とするため、会員の皆様からご意見を伺う
  アンケートを実施いたします。
  会員専用ページから、アンケート用紙一式をダウンロードできます。

2017.5.23(火) RTメールニュースVol.9を発行 

      RTメールニュースVol.9を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.9
      *** 目 次 ***
       《一般情報》
       1.第2回メタハイ海洋産出試験を一時中断後、別の坑井で再開予定
       2.JAMSTEC、深海熱水噴出孔周辺における自然発生的な発電現象を実証
       3.ISA/JOGMEC、2018年の海洋開発訓練プログラムへの参加者を公募
       4.中国の海底資源開発の動向
       5.Nautilus Minerals社、海底機材昇降システムを中国に納入

       《ラウンドテーブル関係情報》
       1.7月7日(金)、平成29年度理事会・総会・全体会合開催のお知らせ
       2.7月19日(水)、「Bauer社(ドイツ)社長特別講演会」開催のお知らせ
      
      詳細は会員専用ページまで
2017.3.15(水) 第16回海洋資源・産業ラウンドテーブルを、(国研)海洋研究開発
機構(JAMSTEC)との共催で実施

      場 所:霞山会館
      内 容:
         1.Current activities of the International Seabed Authority
             Michael Lodge (Secretary-General, International Seabed Authority)
         2.The fast moving context of deep seafloor exploration
             Yves Henocque (International Relations Officer and Maritime Policy and
                       Governance Senior Adviser, IFREMER)
         3.The status quo of Japan for the sustainable development of deep-sea mineral
           resources
             浦辺徹郎(東京大学名誉教授/
                    SIP−次世代海洋資源調査技術プログラムディレクター)
         4.Deep Seabed Minerals Development in the Pacific Islands Region
             Akuila Tawake(Secretariat of the Pacific Community (SPC))

      人 数:約115名
      詳しくは会員専用ページをご覧下さい。


2017.4.21(金) RTメールニュースVol.8を発行 

      RTメールニュースVol.8を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.8
      *目次*
      1.国際海底機構(ISA:International Seabed Authority)の活動状況
      2.Nautilus Minerals社の活動状況
      3.経済産業省、第2回メタンハイドレート海洋産出試験に着手
      4.総合海洋政策本部参与会議、意見書を大臣へ手交
      5.JAMSTEC、三陸沖での「新青丸」による海底観察等の速報を公表
      
      詳細は会員専用ページまで
2017.3.24(金) RTメールニュースVol.7を発行 

      RTメールニュースVol.7を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.7
      *目次*
      1.ISAの活動状況
      2.NOAAによる太平洋の深海調査を実施。オンラインで視聴可能
      3.ノーチラス社、2017年3月に200万米ドルの資金調達
      4.European Maritime Day が5月18、19日に開催
      5.JAMSTEC、Team KUROSHIOを始動
      
      詳細は会員専用ページまで
2017.3.1(水) ノルウェー特別講演会を駐日ノルウェー大使館と共催で実施

      場 所:駐日ノルウェー大使館内 オーロラ・ホール
      内 容:
         1.Opening Remark
         2.Presentation on Recent Activities on Deep Sea Mining in Japan
         3.Presentations from NTNU OCEANS
          a) Exploration activities in Norway (overall),
          b) Engineering R&D activities,
          c) Environment assessment studies
         4.Discussion
         5.Closing Remark (終了後、13時までNetworking Buffet Lunch)

      人 数:約60名
      詳しくは会員専用ページをご覧下さい。
2017.2.21(火) RTメールニュースVol.6を発行 

      RTメールニュースVol.6を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.6
      *目次*
      1.国際海底機構、新事務局長就任及び組織改編
      2.国際海底機構、環境規則の草案を発行
      3.ポーランド、大西洋中央海嶺の多金属硫化物の探査を申請
      4.Stratistics MRC、2022年までのAUV市場を分析
      5.仏・国立海洋開発研究所による6,000m級AUVの開発
      6.Bluefin Robotics社、超小型AUVの販売開始
      7.日本提案等の海底地形名が承認

      ◯関連イベント情報(新規)
       ・RT、第16回全体会合(3月15日開催、3月3日申込締切)のお知らせ
       ・The 6th Annual Deep Sea Mining Summit 2017
       ・UMC-2017:The 46th Underwater Mining Conference

      詳細は会員専用ページまで
2016.12.20(火)第15回海洋資源・産業ラウンドテーブルの開催

      場 所:東海大学校友会館(霞が関ビル35階)
      内 容:
        (1)「海上技術安全研究所における深海底資源開発に関する研究開発の取り組み」
               (国研)海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所
              海洋開発系 深海技術研究グループ上席研究員 中島 康晴 様

        (2)「ROVによる高効率海中システムの開発−音響ビデオカメラ高度化等−」
               (国研)海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所
              新技術研究開発領域 計測・システム研究グループグループ長
              海洋インフラ技術推進センター 副センター長(併任)
                                               松本 さゆり 様
      人 数:約80名
      詳しくは会員専用ページをご覧下さい。


2017.1.17(火) RTメールニュースVol.5を発行 

      RTメールニュースVol.5を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.5
      *目次*
      1.国際海底機構、地域の環境管理戦略ワークショップの開催を公示
      2.深海タコ、マンガン団塊を産卵場として利用
      3.シュミット海洋研究所、新型ROVによるマリアナ海溝の調査終了
      4.ボーイング社、海洋調査ロボットメーカーを買収
      5.海洋研究開発機構(JAMSTEC)関係の活動状況
      −海底地磁気地電流法による探査実施
      −「沖縄トラフ熱水性堆積物掘削V」の調査航海終了
      −「高効率海中作業システム」の海中試験実施

      ◯関連イベント情報(新規)
       ・海洋資源・産業ラウンドテーブル、平成29年度理事会・総会の日時決定

      詳細は会員専用ページまで
2016.12.16(金) RTメールニュースVol.4を発行 

      RTメールニュースVol.4を配信いたしました。
      当RT会員限定ページでご覧くださいますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.4
      *目次*
      1.ノーチラス社の動向
      2.SMD社、新型ROV“SentioTM”を発表
      3.De Beers社、新型海底ダイヤモンド探査船の海上試験開始
      4.JAMSTEC、「沖縄トラフ熱水性堆積物掘削V」を実施

      ◯関連イベント情報(新規)
       ・JAMSTEC、SIP海のジパング計画第3回シンポジウム(12/19)

      詳細は会員専用ページまで
2016.11.15(火) RTメールニュースVol.3を発行
   
      9月よりRTメールニュースを創刊、会員限定に配信するとともに、当RT会員限定
      ページでも更新中です。
      ご覧いただきますとともに、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

     RTメールニュース Vol.3
      *目次*
      1.MIDAS、要旨成果物を公表
      2.ノーチラス社の海底鉱物開発作業母船が進水
      3.仏・国立海洋開発研究所、途上国向け多金属硫化物探査の洋上研修の受入
      4.豪企業が深海底鉱物資源開発状況のレポートを販売

      ◯関連イベント情報(新規)
       ・JOGMEC Techno Forum 2016
       ・メタンハイドレートフォーラム 2016

      詳細は会員専用ページまで
2016.11.7(月) 武甲山・石灰石採掘場の見学会実施
    
      見学先:武甲山・石灰石採掘場(菱光石灰工業梶E宇根鉱山、
                           武甲鉱業梶E日高事業所、
     
                       秩父太平洋セメント梶E三輪鉱山)
     
      人  数:11名
      詳しくは会員専用ページをご覧下さい。
2016.7.8(金)平成28年度第1回通常理事会、第1回通常総会、
第2回通常理事会、全体会合の開催
  場所:霞が関・霞山会館
   〔平成28年度第1回通常理事会 議事〕
   (1)議案1号:平成27年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
   (2)議案2号:平成28年度事業計画および収支予算案の承認に関する件
   (3)議案3号:役員の選任(承認)に関する件
   (4)議案4号:新規入会会員の承認に関する件
   (5)その他

   〔平成28年度第1回通常総会 議事〕
   (1)議案1号:平成27年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
   (2)議案2号:平成28年度事業計画および収支予算案の承認に関する件
   (3)議案3号:役員の選任(承認)に関する件
   (4)議案4号:新規入会会員の承認に関する件
   (5)その他

   〔平成28年度第2回通常理事会 議事〕
   (1)議案1号:会長・副会長の互選に関する件

   配布資料

  〔第14回全体会合〕
   (1)「欧米企業等による深海底鉱物資源の活動動向について」
      東海大学海洋学部 客員教授  渡辺 喜保 様
 
  (2)「JAMSTEC・次世代海洋資源調査技術事業:海洋資源調査産業の
      市場規模の調査結果について」
     「JOGMEC・海底熱水鉱床採鉱技術開発等調査事業:主要欧米企業の
      海外技術動向調査結果について」
      海洋資源・産業ラウンドテーブル 
       事務局長 兼 海洋産業研究会 常務理事  中原 裕幸 
    
   人数:約100名
   詳しくは会員専用ページをご覧下さい。

  〔懇親会〕
    −挨 拶 主催者代表
           来  賓
    −乾 杯 
    −歓 談
    −中締め

2016.6.23(木)海底広域研究船「かいめい」の見学会実施
  見学先:JAMSTEC ・ 横須賀本部岸壁
人  数:29名
詳しくは会員専用ページをご覧下さい。
2016.2.29(月)第13回海洋資源・産業ラウンドテーブルの開催
 

 場 所:霞が関 ・ 霞山会館

 内 容:

   (1)「海洋生態系を評価する」
          (国研)海洋研究開発機構海底資源研究開発センター
                環境影響評価研究グループリーダー 山本 啓之 様
        (2)「ISA・環境ガイドラインの課題と今後の展望」
          (国研)海洋研究開発機構海底資源研究開発センター
                調査役 福島 朋彦 様
      人 数:約110名
      詳しくは会員専用ページをご覧下さい。

2016.7.12(火)平成28年度「今後の活動に関する会員アンケートの実施」
  当RTの今後の活動方針の参考とするため、会員の皆様からご意見を伺う
  アンケートを実施いたします。
  会員専用ページから、アンケート用紙一式をダウンロードできます。

2016.1.27(火)多目的作業船「POSEIDON-1」の見学会実施
見学先:横須賀新港
人  数:13名
詳しくは会員専用ページをご覧下さい。
2016.1.27(火)秋田・花岡及び八戸製錬所の見学会実施
見学先:エコシステム花岡(株)、国際資源大学校、八戸製錬(株)八戸製錬所
人  数:14名
詳しくは会員専用ページをご覧下さい。
2015.7.13(月)平成27年度「今後の活動に関する会員アンケートの実施」
当RTの今後の活動方針の参考とするため、会員の皆様からご意見を伺う
アンケートを実施いたします。
会員専用ページから、アンケート用紙一式をダウンロードできます。

2015.7.1(水)平成27年度第1回通常理事会・通常総会、全体会合および
懇親会の開催

場所:霞が関・霞山会館(コモンゲート)西館37階 霞山の間

 〔平成27年度第1回通常理事会 議事〕
 (1)議案1号:平成26年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
 (2)議案2号:平成27年度事業計画および収支予算案の承認に関する件
 (3)議案3号:理事の交代に関する件
 (4)議案4号:新規入会会員の承認に関する件


  〔平成27年度第1回通常総会 議事〕
 (1)議案1号:平成26年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
 (2)議案2号:平成27年度事業計画および収支予算案の承認に関する件
 (3)議案3号:理事の交代に関する件
 (4)議案4号:新規入会会員の承認に関する件


 
配布資料

〔全体会合〕
Special Lectures on Deep Seabed Mining
1) French initiatives for seafloor mineral resources exploration and exploitation
   Julien Denegre, Technip/French Maritime Cluster
2) DCNS’ solutions for Deep Sea Mining environment-friendly activities
   Damien Demoor, DCSN
3) Activities of IFREMER and EU’s MIDAS Project on Deepsea Mining
   Phil Weaver, MIDAS Coordinator, Seascape Consultants Ltd
   Lenaick Menot, Yves Henocque, IFREMER
 人数:約120名
 詳しくは会員専用ページをご覧下さい。

〔懇親会
1.開会挨拶
   海洋資源・産業ラウンドテーブル会長 佃 和夫
2.来賓挨拶
   経済産業省資源エネルギー庁鉱物資源課長 萩原 崇弘 様
3.記念品贈呈
   佃会長より全体会合講師の代表の方へ
4.乾杯発声
   海洋資源・産業ラウンドテーブル理事
  (一財)国際資源開発研修センター顧問
    浦辺 徹郎 様
5.歓 談
6.中締め
   海洋資源・産業ラウンドテーブル理事
   深海資源開発且謦役社長
    島田 和明 様

2015.3.18(水) 第11回海洋資源・産業ラウンドテーブルを開催いたしました。

場 所:東海大学・校友会館

内 容:

  SIP課題「次世代海洋資源調査技術(海のジパング計画)」
       における海洋資源調査産業の創出の取り組み

                     次世代海洋資源調査技術研究組合 理事長
               兼 (株)地球科学総合研究所常務取締役 河合 展夫 様

人 数:約70名
     詳しくは会員専用ページをご覧下さい。

2015.1.16(金)高知大学・海洋コア総合研究センター及び
住友金属鉱山(株)東予工場等視察会の実施
見学先:高知大学・海洋コア総合研究センター、住友金属鉱山(株)東予工場、
       別子銅山記念館
人  数:20名
詳しくは会員専用ページをご覧下さい。
2014.12.8(月) 第10回海洋資源・産業ラウンドテーブルを開催いたしました。

場 所:霞が関コモンゲート西館37階 霞山会館

内 容:

  T 大陸棚限界委員会を巡る課題
              大陸棚限界委員会委員
              海洋資源・産業ラウンドテーブル理事 浦辺 徹郎 先生
       U SIP・次世代海洋資源調査技術における民間の役割
              (独)海洋開発研究機構海底資源研究開発センター長
              次世代海洋資源調査技術研究開発プロジェクト長 木川 栄一 様 

人 数:約100名
     詳しくは会員専用ページをご覧下さい。

2014.9.16(火) 山野氏特別寄稿『深海底鉱物資源開発の歴史と経済性に
関する一考察』を掲載
この度、(株)フグロジャパン代表取締役社長・山野澄雄氏の特別寄稿『深海底鉱物資源
開発の歴史と経済性に関する一考察』をいただきました。
会員ページより入手できますので、皆様にお知らせいたします。

2014.6.16(月) 平成26年度第1回通常理事会、第1回通常総会、
第2回通常理事会および懇親会の開催

場所:東海大学校友会館(霞が関ビル35階)望星の間・同階「レストランけやき」

 〔平成26年度第1回通常理事会・議事〕
 (1)議案1号:平成25年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
 (2)議案2号:平成26年度事業計画および収支予算案の承認に関する件
 (3)議案3号:役員の選任に関する件
 (4)議案4号:新規入会会員の承認に関する件


  〔平成26年度第1回通常総会:議事〕
 (1)議案1号:平成25年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
 (2)議案2号:平成26年度事業計画および収支予算案の承認に関する件
 (3)議案3号:役員の承認に関する件
 (4)議案4号:新規入会会員の承認に関する件


 〔平成26年度第2回通常理事会・議事〕
 (1)議案1号:会長・副会長の互選に関する件


  
平成26年度第1回通常理事会、第1回通常総会、第2回通常理事会の配布資料

〔懇親会
 
1.挨 拶
    初代会長  武井 俊文
    第二代会長 佃  和夫 
    経済産業省 資源エネルギー庁 鉱物資源課長 萩原 崇弘 様
 2.乾 杯
    (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 理事長 河野 博文 様
 3.平成25年度委託調査の要旨紹介
    高知大学 海洋コア総合研究センター長 徳山 英一 先生
 4.歓 談
 5.中締め
    幹事 広田 博士 様

   懇親会の配布資料・参加申込者リストは会員専用ページをご覧ください。

2014.3.28(金)JOGMEC・海洋資源調査船「白嶺」見学会の視察会実施
見学先:王子物流叶逞t支店保有岸壁
人  数:約30名
詳しくは会員専用ページをご覧下さい。
2014.3.7(金) 第2回技術情報交換サブテーブルを開催いたしました。

場 所:丸の内・カンファレンススクエア エムプラス グランド

内 容:話題提供者

  「丸の内・カンファレンススクエア エムプラス グランド」

                                          深田サルベージ建設株式会社 大辻 由希 様

  「三井造船の水中機器」

                                          三井造船株式会社 西田 泰憲 様

  「江戸っ子1号の開発とその成果について」

                                          杉野ゴム化学工業所 杉野 行雄 様

人 数:約60名
 詳しくは会員専用ページを御覧下さい。

2014.1.28(火)国際海底機構(ISA)・オダントン事務局長の講演会の開催
(共催・JOGMEC、後援・経済産業省資源エネルギー庁と外務省)
 1.開会挨拶:JOGMEC理事・上田英之氏
  2.基調講演:ISA事務局長・オダントン氏
  3.基調講演:METI鉱物資源課長・萩原崇弘氏
  4.報告:JAMSTEC理事・白山義久氏
  5.報告:JOGMEC深海底調査課長・岡本信行氏
  6.ディスカッション
  7.意見交換会
  詳しくは会員専用ページをご覧ください。

2013.10.22(火)-23(水)串木野国家石油備蓄基地及び
住友金属鉱山兜H刈鉱山への視察会実施
視察先:JOGMEC・串木野国家石油備蓄基地、住友金属鉱山兜H刈鉱山
人  数:約20名
詳しくは会員専用ページをご覧下さい。
2013.9.10() 平成25年度「今後の活動に関する会員アンケートの実施」
当RTの今後の活動方針の参考とするため、会員の皆様のご意見を伺うため、アン
ケートを実施致します。
会員専用ページから、アンケート用紙一式をダウンロードできます。

2013.6.24(月) 平成25年度通常理事会、通常総会、第10回全体会合

および懇親会の開催

場所:霞が関コモンゲート西館37階 霞山会館(霞山の間・牡丹の間)

〔平成25年度通常理事会・議事〕
 (1)議案1号:平成24年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
 (2)議案2号:平成25年度事業計画および収支予算案に関する件
 (3)議案3号:会則ならびに会員規定の改定に関する件
 (4)議案4号:理事の交代に関する件
 (5)議案5号:新規入会会員に関する件


  〔平成25年度通常総会:議事〕
 (1)議案1号:平成24年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
 (2)議案2号:平成25年度事業計画および収支予算案に関する件
 (3)議案3号:会則ならびに会員規定の改定に関する件
 (4)議案4号:理事の交代に関する件
 (5)議案5号:新規入会会員に関する件


  
平成25年度通常理事会/通常総会の配布資料

〔第10回全体会合
 「南鳥島海域のレアアース泥に関する勉強会の取組状況について」
               山冨二郎 同勉強会座長/東京大学教授
                    海洋資源・産業ラウンドテーブル理事


  〔懇親会〕

2013.3.22(金) 第9回海洋資源・産業ラウンドテーブルを開催いたしました。

 場 所:霞が関コモンゲート西館37階 霞山会館・牡丹の間

 内 容:第一部 「次期海洋基本計画における深海底鉱物資源関連部分について」
              内閣官房総合海洋政策本部事務局参事官 阿部聡氏


        第二部 「海底熱水鉱床開発計画第1期5年の成果報告」
         1. ご挨拶
              資源エネルギー庁資源・燃料部鉱物資源課長 安永裕幸氏
         2. 全体概要
              JOGMEC金属資源開発本部特命審議役 塩川智氏
         3. 資源量評価調査 -モデル鉱床で詳細資源量を把握-
              JOGMEC金属資源技術部深海底調査課長代理 柴崎洋志氏
         4. 採鉱技術 -沖縄海域で採掘試験に成功-
              JOGMEC金属資源技術部深海底調査課 川井隆宏氏
         5. 選鉱製錬技術 -複雑鉱の選鉱プロセスを検討-
              JOGMEC金属環境事業部研究主幹 小林幹男氏
         6. 環境影響評価 -多様な生物群集と環境保全策-
              JOGMEC金属資源技術部深海底調査課専門調査員 成田光好氏
         7. 海底熱水鉱床開発計画第2期取組の方向性
              JOGMEC金属資源技術部深海底調査課長 岡本信行氏

2012.12.3(月) 技術情報交換サブテーブルを開催いたしました。

 場 所:霞が関コモンゲート西館37階 霞山会館

 内 容:話題提供者

  「ITソリューションの海底資源への適用」

                                          株式会社NTTデータCCS 中島 亮 様

  「深海底鉱物資源開発における海洋土木技術の活用について」

                                          五洋建設株式会社 植田 和哉 様

  「古河機械金属鰍フ製品紹介」

                                          古河ロックドリル株式会社 金子 勉 様

  「海中作業の事例:磐城沖プラットフォーム撤去工事の概要」

                                         新日鉄住金エンジニアリング株式会社 坂本 隆 様

 人 数:約50名
  詳しくは会員専用ページを御覧下さい。

2012.9.18(火)-.19(水) JOGMEC・海洋資源調査船「白嶺」、三菱重工業(株)・
下関造船所、三井金属鉱業(株)・彦島製錬(株)、宇部興産(株)・伊佐石灰
石鉱山への視察会を実施
いたしました。

見学先:JOGMEC・海洋資源調査船「白嶺」、三菱重工業(株)・下関造船所、
      三井金属鉱業(株)・彦島製錬(株)、宇部興産(株)・伊佐石灰石鉱山
人  数:約30名
詳しくは会員専用ページを御覧下さい。
2012.8.9(木) 平成24年度「今後の活動に関する会員アンケートの実施」
当RTの今後の活動方針の参考とするため、会員の皆様のご意見を伺うため、アン
ケートを実施致します。
会員専用ページから、アンケート用紙一式をダウンロードできます。

2012.7.9(月) 国際海底機構(ISA)・マイニングコード(和英対訳本:仮訳)を

会員限定配布

○深海底における多金属硫化物の概要調査及び探査に関する規則

(Regulations on Prospecting and Exploration for Polymetallic Sulphides in the Area)

○深海底における多金属性団塊の概要調査及び探査に関する規則

(Regulations on Prospecting and Exploration for Polymetallic Nodules in the Area)

○深海底におけるコバルトリッチ鉄−マンガンクラストの概要調査及び探査に関する規則の草案

(Draft Regulations on Prospecting and Exploration for Cobalt-Rich Ferromanganese Crusts 

 in the  Area)

2012.6.28(木) 平成24年度通常理事会、通常総会、懇親会の開催

場所:霞が関コモンゲート西館37階 霞山会館(霞山の間・牡丹の間)

〔平成24年度第1回通常理事会・議事〕
 (1)議案1号:平成23年度事業報告および決算報告に関する件
 (2)議案2号:平成24年度事業計画および収支予算案の承認に関する件
 (3)議案3号:理事の選任に関する件
 (4)議案4号:新規入会会員の承認に関する件
 (5)その他


  〔平成24年度第1回通常総会:議事〕
 (1)議案1号:平成23年度事業報告および決算報告ならびに監査報告に関する件
 (2)議案2号:平成24年度事業計画および収支予算案の承認に関する件
 (3)議案3号:理事の選任に関する件
 (4)議案4号:新規入会会員の承認に関する件


  平成24年度第1回通常理事会/第1回通常総会の配布資料
  平成24年度第2回通常理事会の配布資料


  〔懇親会〕

2012.1.27(金) 第8回海洋資源・産業ラウンドテーブル開催

(JOGMEC主催・DORD共催)

場所:虎ノ門ツインビルディング 西棟 地下1階大会議室

内容:国際海底機構オダントン事務局長講演会

1.開会挨拶:上田衛門氏(JOGMEC理事)

2.基調講演:オダントン氏(ISA事務局長)

3.基調講演:安永裕幸氏(資源エネルギー庁資源・燃料部鉱物資源課長)

4.報告:岡崎正次氏(深海資源開発且糟ケ調査部主席技師長)

5.報告:岡本信行氏(JOGMEC金属資源技術部深海底技術課長)

6.ディスカッション

詳しくは会員専用ページをご覧ください。
2011.12.12(月) 東京大学生産技術研究所の見学会・第7回海洋資源・産業

ラウンドテーブルを開催いたしました。

 ○東京大学生産技術研究所の見学会

   場所:東京大学生産技術研究所・浅田研究室、浦研究室、福場研究室、巻研究室

   人数:約40名

   詳しくは会員専用ページをご覧ください。

 ○第7回海洋資源・産業ラウンドテーブル

   場所:東京大学駒場リサーチキャンパス・総合研究実験棟An棟3F 大会議室

   内容:文部科学省・競争的研究資金「海洋資源の利用促進に向けた基盤ツール

               開発プログラム」からの話題提供

   1.「海底位置・地形の高精度計測技術の開発」

                                          東京大学生産技術研究所教授 浅田昭氏

   2.「マンガンクラストの定量的な調査技術の開発について」

                                          東京大学生産技術研究所助教 ソーントン・ブレア氏

   3.「海底接地型高解像音波探査システムについて」

                                          東京大学大気海洋研究所教授 徳山英一氏

   4.「海底磁気探査及び電気・電磁探査について」

                                          早稲田大学環境資源工学科教授 斎藤章氏

    詳しくは会員専用ページをご覧ください。
2011.11.28-29(月-火) 秋田製錬梶E秋田大学鉱業博物館への幹事による
下見会の実施
 ・場所:秋田製錬梶E秋田大学鉱業博物館
 ・人数:5名
  詳しくは会員専用ページをご覧ください
2011.6.13(月) 理事会・総会・第6回ラウンドテーブル開催

 6月13日(月)に霞山会館にて平成23年度第1回通常理事会、第1回通常総会、
 第6回ラウンドテーブルおよび交流会を開催いたします。会員の皆様におかれま
 しては、よろしくご参加のほどお願い申し上げます。詳しくはこちら。

2011.4.26(火) 第5回ラウンドテーブルを下記のように開催しました。
 ○話題提供

   「今後の鉱業法制の在り方について 〜平成23年度予算要求の概要〜」

   資源エネルギー庁資源・燃料部政策課課長 加藤 庸之様

   「海底熱水鉱床開発計画にかかる第1期中間評価報告書ポイント及び

   新海洋資源調査船「白嶺」について」

   資源エネルギー庁資源・燃料部鉱物資源課長 安永 裕幸様

 ○場所:虎ノ門・霞山会館
 ○人数:約60名
2011.3.29(火) 第5回ラウンドテーブル延期

 329()に霞山会館にて「今後の鉱業法制のあり方について」と題して
 資源エネルギー庁から講演を頂く予定をしておりました『第5回海洋資源・
 産業ラウンドテーブル』は、延期させていただくことになりました。

 なお、繰り延べ開催の日程につきましては、4月下旬頃を予定しておりますが、
 決まり次第、改めてご連絡申し上げます。

2010.6.3(木) 地球深部掘削船「ちきゅう」第二次見学会開催
 ・場所:三菱重工業(株) 横浜製作所本牧工場
 ・人数:約35名(当初予定約30名)
2010.5.11(火) 地球深部掘削船「ちきゅう」見学会開催
 ・場所:三菱重工業(株) 横浜製作所本牧工場
 ・人数:約60名(当初予定約30名)
 (予定を大幅に上回り、1社2名に限定したので、申込を断念して
   いただいた方の数も多数に上ったため、第二次見学会を企画)
2010.3.24(水)  深海底鉱物資源探査専用船「第2白嶺丸」視察会開催
 ・場所:JOGMEC 船橋基地
 ・人数:約40名(当初予定約30名)
  当初予定のコアサンプルの視察は別の機会に譲ることとしました。
   多数のご参加ありがとうございました。
2010.3.12(金)  三次元物理探査船「資源」内覧会参加
 ・場所:千葉港(王子物流梶@船橋岸壁)
 ・人数:役員・幹事を中心に約15名
  資源エネルギー庁のご好意により、週末の一般公開に先駆けての内覧会に役員
   及び幹事有志が参加
2009.12.16(木) 設立総会/第1回ラウンドテーブル/設立記念懇親会
 ・場所:東京都千代田区霞が関 霞山会館(10:00-13:00)
 ・プログラム:以下のとおり。
〔設立総会〕
-設立趣旨の説明
-第1号議案:会則案の承認に関する件
-第2号議案:事業計画及び予算案の承認に関する件
-第3号議案:役員の選任に関する件
-(理事会に切り替えて、会長/会長代行/副会長を選任)
-報告事項:理事会報告、幹事の選任について
-その他
〔第1回ラウンドテーブル〕
記念講演:「海底鉱物資源開発の現状と将来展望」
・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺徹郎(東京大学大学院理学系研究科教授)
〔懇親会〕
◎開   会・・・・正副会長の紹介
◎会長挨拶・・・・武井 俊文  海洋資源・産業ラウンドテーブル会長
◎来賓挨拶・・・・石田 徹   資源エネルギー庁長官
◎乾   杯・・・・渡辺 徹郎  総合資源エネルギー調査会鉱業分科会会長
◎歓   談
◎閉会挨拶・・・・元山 登雄  海洋資源・産業ラウンドテーブル副会長・会長代行

(各写真をクリックすると拡大します。)